Chan Ryu

Chan Ryu

ディスカス飼育の休止中に飼った魚種の中で主なものはオスカー、金魚、海水魚があります。金魚は今でも飼ってますが。
その中で今日はオスカーと金魚を飼ってみて思ったことを書いてみようと思います。

それまで自分の中で観賞魚は水槽の大きさや密度によってほどほどの大きさになれば成長は止まってしまうという固定観念がありました。確かにそれはある意味合っていると今でも思います。いくら大きくなる魚を飼っても水槽の大きさ以上には大きくならないと思います。死んでしまうという意味も含めて…
しかし水槽のキャパを越えて大きくなる魚はいます。
まずオスカーですがこれはよくショップで5センチ程度の幼魚が売ってますが、60センチ水槽でまず1か月ぐらい充分に餌を与えて飼っていると10センチくらいに成長します。そして1年も経てば30センチ近くまで必ず成長します。W60の水槽で1年で30センチに育つなんて自分の常識ではありえないことでした。しかも乾燥餌オンリーで(^^;;

そして金魚

この三匹はほぼ同じ大きさの魚を同時期に別々の店で買った魚達で飼って半年程度です。それを最初は30センチのキューブ水槽で飼ってました。
同じ餌、同じ環境でこれだけの差が出ます。
とくに真ん中に写っている魚はもう尾の先までの大きさなら20センチ程度になっています。先日まで30センチ水槽で超過密な環境だったにもかかわらず(^^;;
金魚のように品種改良が繰り返されてきた魚では途中でどんな血が混ざっているかはわかりません。
同じ種類の魚に見えても全く違う血なのかもわかりません。
その血によって成長スピードも違えば最大寸法も変わってくる。
飼い方によってある程度は違いも出るでしょうが、その魚が大きくなるかどうか、綺麗になるかどうかは産まれた時点でその大半が決まっておりあとはその持って産まれたポテンシャルを最大限に引き出してやる飼育方法が大事なんだと私は思います。

ちなみに今金魚達の入っている水槽はディスカスのペアができた時には繁殖水槽になる予定です。それまで金魚達に水作りをしてもらい、ペアができたら金魚達には雑居水槽に引っ越してもらいます。(^_^)にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply