FC2ブログ

Chan Ryu

Chan Ryu

さて、前々回(途中に成長記録を書いたので一回飛びました。)書いた、連休中にした事の残りです。

90水槽の上部フィルターに使っているウールBOX。
Before

自作のタッパーINタッパーのウールBOXです(^_^)

特に問題なく、生物濾過の前の物理濾過として良い仕事してくれています。

んが、少し苔汚れが目立ちます。
まぁ、洗えば取れるんですが…
これを作ったのいつだっけ?
と、調べてみると2016年2月17日の記事で書いてるので、そろそろ3年。

実はこのタッパーウールBOXには不安要素が一つだけあります。

それはタッパーから上部フィルターに水が落ちていく落水口。

タッパーに穴を開けて塩ビパイプをシリコンシールでくっつけてあるのですが。
ごく普通のシリコンシールではタッパーの素材であるポリプロピレンには、くっつかない。
ペットボトルのキャップも同じくPPかPEが使われており、ブライン孵化容器を作る際に穴を開けてチューブを着けようとして着かなかった経緯があります。
PPやPE用の接着剤を使えば着くんですが、生体に影響がないのかどうかがわからなかったのでやめました。
あとは、融着ですが…

というわけでこのタッパーウールBOXの落水口は、シールを盛り盛りにして無理矢理パイプをくっつけてあります。
外れたところで大きな問題にはならないんですが。
ま、この際だから新しいの作っちゃお!
って事で新しいのを作りました。

はい!
今回はプラケース ウールBOXです。
加工の際にちょっとピキッといっちゃってテープで補修してますが、ご愛嬌。
水はそこまで上がらないので問題ない…
はず!(≧∇≦)

で、それを設置したのがこちら



問題なし!

と、思いましたが安全装置として設置してある仕切り板が、これでは安全装置として機能しない事に設置してから気づきました(^^;;

以前の物も中のタッパーから水が溢れる事はなかったので問題ないと思いますが、今度少し手を加えておきたいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ディスカスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments 2

There are no comments yet.
こうdiscus  
良い感じですな~。

今回の物理濾過はドライタワーの様な効果も期待出来そうな良さげな感じですね~。

使っていると物理濾過機能はそのままに、更にスポンジフィルターにバクテリアが付いてドライ方式の生物濾過となり、その水が下に落ちウエットの生物濾過を通ると言う感じになり、理想的な濾過システムになりそうですね~。(^^)

きっと一週間後にはそんな状態になるんでしょうね~。

2018/11/14 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |   
Chan Ryu  
Re: 良い感じですな~。

こうさん、おはようございます(^_^)

> 今回の物理濾過はドライタワーの様な効果も期待出来そうな良さげな感じですね~。
> 使っていると物理濾過機能はそのままに、更にスポンジフィルターにバクテリアが付いてドライ方式の生物濾過となり…

いやぁ、このウールBOXにそこまで期待しちゃいかんですよ(^_^)
ウールは、ただゴミを濾し取る物。汚れたら取り替える。
おそらくこのウールを清潔に保たないと虫が湧いたり、雑菌が繁殖すると思います。

前から思っている事ですが、ドライ濾過には高さが必要。
水が濾材=バクテリアと触れ合う時間を長くしつつ濾材が空気と触れ合える環境を作らなければ…
だからタワーなのだ。そしてそのタワーに物理的な事をさせちゃいかん。と言うのが自分の解釈です。

でも、若干こうさんの言われる通りの効果も狙っていたりしてウール交換は、一度に全部を交換していなかったりします(≧∇≦)

> その水が下に落ちウエットの生物濾過を通ると言う感じになり、理想的な濾過システムになりそうですね~。(^^)
> きっと一週間後にはそんな状態になるんでしょうね~。

もうこのシステムで3年近くですからそのようになっているのかもわかりません(^_^)

まぁ、なんといってもこのシステムだとメンテナンスが楽なんですよね(≧∇≦)

2018/11/15 (Thu) 06:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply